読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

includeとextendの違い

ruby

内容を見ていると同じに見えてしまう。

includeextendの動きを見てみます。

両者の違い

  • クラスのインスタンスメソッドとして取り込むことができる(include)
  • そのオブジェクトにだけ特定の振る舞いを与えることができる(extend)

ソースコードで試してみます

module Greet
  def hello
    puts 'hello'
  end
end

class A
  include Greet
end

class B
  extend Greet
end

a = A.new
a.hello  →  hello
A.hello  →  undefined method `hello' for A:Class (NoMethodError)

b = B.new
b.hello  →  undefined method `hello' for #<B:0x007fa1691a1af0> (NoMethodError)
B.hello  →  hello

extendは確かにそのオブジェクトにだけ特定の振る舞いを与えています。

ここがしっくり来なかったですが、上の動きを見て、違いがわかりました。

まとめ

  • クラスのインスタンスメソッドとして取り込むことができる(include)
  • そのオブジェクトにだけ特定の振る舞いを与えることができる(extend)