読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

railsの「設定より規約」の意味

railsはよく「設定より規約」(CoC: convention over configuration)と言われます。

この意味が全然わかっていなかったのですが、今日実感しました。

Layouts and Rendering in Rails — Ruby on Rails Guides

こちらにも書いてあるのですが、下記のようなコードがあったとします。

rails g model book
rails g controller books index

app/models/book.rb

class BooksController < ApplicationController
end

config/routes

resources : books

ここでrake routesを実行します。

    books GET    /books(.:format)          books#index
          POST   /books(.:format)          books#create
 new_book GET    /books/new(.:format)      books#new
edit_book GET    /books/:id/edit(.:format) books#edit
     book GET    /books/:id(.:format)      books#show
          PATCH  /books/:id(.:format)      books#update
          PUT    /books/:id(.:format)      books#update
          DELETE /books/:id(.:format)      books#destroy

app/views/books/index.html.erb

<h1>Books#index</h1>
<p>Find me in app/views/books/index.html.erb</p>

app/controllers/books_controller

class BooksController < ApplicationController
end

def indexを削除しております。

ここで/booksにアクセスしてみると、なんとつながります!

controllerを設定しなくてもつながるのは、設定よりも規約でrailsが自動的にapp/views/books/index.html.erbを探しているからです。

これはわかりやすい例ですね。